症状の進行にいち早く気づくために

歯が痛む女性

サイレントキラーとも呼ばれる歯周病は、自覚症状がないまま着実に進行して、やがて生活の質や健康などを著しく低下させます。歯みがきをサボらなければ歯医者に行く必要はないという人もいますが、完璧な歯みがきをしている人でも定期健診はする必要があります。歯みがきは口腔環境の悪化を抑制するのが最大の目的ですが、知らず知らずのうちに歯垢が増えてきて、口臭も強くなってくるのです。堺の歯科では専門家の立場から歯周病のリスクをチェックしてくれるので、本人に自覚症状がなくても発見ができ、速やかな治療に移行できます。歯周病の自己判断は難しく、自覚したときはかなり進行しているケースが少なくありません。堺の歯科ならば小さな疑いも見逃さずに発見し、口腔細菌の減少を促進してくれます。

正しいブラッシング指導がわかる

診療室

歯みがきは自分流の方法でしている人が多いですが、正しい方法でなければ歯垢を効率よく除去できません。堺の歯科では正しいブラッシング方法、つまり歯垢を落として歯周病を予防する方法を教えてくれるので、セルフケアでの歯垢除去力が大幅にアップします。歯みがきは毎日の日課ですが、当たり前の習慣だからこそ自己流になりやすく、誤った方法で実践している人は少なくありません。ブラッシングは歯を1本ずつみがくように意識すれば、歯間の歯垢を落としやすいです。歯みがき粉は大量につける必要はなく、1cmくらいの長さで問題ありません。歯ブラシに関しては使用法にもよりますが、基本的には月に1本のペースで交換していくとよいです。

症状に応じた処置をしてくれる

歯科医

すでに歯石が沈着して固まっている場合は、堺の歯科で歯垢と一緒に歯石も除去してもらいましょう。ベタベタしているのが歯垢で、ザラザラして歯みがきで落とせないものが歯石です。堺の歯科ではスケーリングで歯石を除去し、ツルツルの表面に仕上げてくれるので、口臭が強くなってきた人にもおすすめです。歯石が歯ぐきの内部に侵入している場合は、縁下歯石を除去していく必要があります。歯の表面に付着する縁上歯石に対して、縁下歯石は黒くて非常に硬いのが特徴です。堺の歯科では必要に応じてクリーニングを実施しており、バイオフィルムを除去して口腔環境をリフレッシュさせます。細菌の集合体であるバイオフィルムを除去すれば口内細菌の環境を改善し、口臭やネバつきを予防できます。一般的な対処法はスケーリングとブラッシング指導ですが、歯周病が重度ならばルートプレーニングが追加されるのが一般的です。口臭がなくツルツルした歯を維持することが、歯周病の進行を抑えるために何より大切です。

広告募集中